便秘解消には何が良いのか?効果のある解消法を徹底解説!

苦しい便秘の良くある原因について!〜男女別一覧〜

一度なってしまうと慢性的になってしまいやすいのが「便秘」です。

 

この便秘ですが、男性よりも女性のほうが圧倒的に多いと言われています。

 

確かに、便秘と聞いてイメージするのは女性のほうが多いのはないかと思います。

 

 

 

では、なぜ女性のほうが便秘になりやすいのでしょうか?

 

便秘解消 http://www.counterculturela.com/

 

もちろん男性でも便秘に悩まされているという方は多いですし、その原因はさまざまです。

 

便秘は、男女の中でもどんなことが原因となっているのでしょうか?

 

 

 

〜便秘の原因・男性編〜

 

■会社・家・人間関係…ストレスを受けやすい男性

 

男性の便秘で最も大きな影響があると言われているのが、ストレスです。

 

ストレスは便秘だけでなく、体のいろいろな部分に影響を与えてしまうものですから、できるだけ受けるストレスは少なくしたいものです。

 

 

 

私たちの体の中にはさまざまな種類の神経が行き交っていますよね。

 

その中でもよく聞くのが、自律神経です。

 

この自律神経は、副交感神経と交感神経というふたつの神経によって活動していて、私たちの呼吸から消化、内臓の働きを調節してくれたりという重要な役割をもっています。

 

よく強いストレスを受けたことによって「自律神経失調症」という症状になってしまう方がいますが、これはストレスによって自律神経の働きが弱まってしまうために体に不調が現れるというものなんです。

 

 

 

自律神経である交感神経と副交感神経は、一般的には生活の中で昼・夜の交代制になっています。

 

ストレスを受けることでこのバランスが乱れてしまうため「痙攣(けいれん)性便秘」を引き起こしてしまうと言われています。

 

痙攣性便秘は、便秘・下痢を交互に繰り返してしまう症状をいい、ストレスが原因だと言われている過敏性腸症候群と似たような症状になります。

 

 

 

■男料理もいいけれどたまには野菜を食べよう

 

男性の便秘で多いのが、食生活の乱れからくるものです。

 

特に独身男性だと、仕事の合間にちょっと食事…だとか、疲れてしまったためにコンビニ弁当が続いてしまうということも少なくありません。

 

腸の働きを促すためにも食物繊維の豊富な豆類・根菜類などを積極的に摂るようにし、肉類中心の食生活にならないよう気をつけてみてくださいね。

 

 

 

〜便秘の原因・女性編〜

 

■便意は自然の摂理!我慢せず恥ずかしがらずに

 

日本では昔から女性の奥ゆかしさというものが求められてきました。

 

自然の生理現象であってもそれを「恥ずかしいこと」とし、なかなか大っぴらには言えないという風習になっています。

 

尿意や便意があるのは自然なことですが、オープンな女性でないかぎりなかなか自分からは言い出せませんよね。

 

 

 

仕事中や学校など、なかなか便意があるということは言えないもの。

 

だからといってそこで我慢してしまうと、排便のリズムが乱れてしまって徐々に便意を感じにくくなってしまいます。

 

体が便意を感じているというときにこそ、スムーズな排便ができるものですから我慢せずトイレに行きましょう。

 

 

 

■女性ならでは、生理前のホルモンバランスの乱れ

 

女性にとって一生付き合っていくことになるのが生理です。

 

この生理が起こる仕組みとして、卵巣で作られる黄体ホルモン(プロゲストテロンなど)の働きによって子宮が妊娠の準備を始めます。

 

この黄体ホルモンは体内に水分を溜め込もうとする働きがあるのですが、そのために排便のために必要な水分も奪ってしまうので便秘になりやすいというわけなんです。

 

よく生理前に「むくみやすい」という人がいますが、それはこの黄体ホルモンの働きのためなんですね。

便秘解消に良い食生活とは?食事に気を使おう!

便秘ってつらいですよね。

 

出そうなのに出ないとイライラしますし、お腹が張って気持ち悪くなります。

 

お肌もあれちゃうし、いいことがありません。

 

下腹がぽっこりと飛び出してしまうと見た目も悪く、折角のスタイルも台無しです。

 

 

 

そんな便秘を解消するのに重要なのが食生活です。

 

食生活を変えることで、多くの便秘が解消すると言われています。

 

それではここで、便秘解消の食生活をご紹介いたしましょう。

 

 

 

まずは、水分摂取です。

 

理想的なのは1日に2リットルの水分です。

 

仕事をしていると難しいかもしれませんが、のどが渇いていなくても水を飲むようにしましょう。

 

ジュースなどでもかまいません。

 

ただしお酒は体内の水分を奪ってしまいますので飲み過ぎには注意です。

 

この水分を正しい量、飲むことで便秘が解消する人は結構多いんですよ。

 

 

 

それから朝ご飯を抜かないようにしましょう。

 

朝ご飯を食べることによって、腸が動くように働きかけているので、それを抜いてしまうと、貴重な腸の活動が1度スキップすることになってしまいます。

 

忙しくてもちょっとでいいから朝ご飯を食べるようにしましょう。

 

 

 

では食生活は、というと、やはり食物繊維を多く取るように心がけることです。

 

一度にたくさん食べるのではなく、ちょこちょこ食べるといいでしょう。

 

食物繊維を多く含む食品とはリンゴ、オレンジ、モモ、かぼちゃ、きゃべつ、人参、こんにゃく、きな粉などです。

 

 

 

海藻全般もオッケーです。

 

ダイエットなので、制限しがちなパンやご飯にも食物繊維が豊富に含まれています。

 

また乳酸菌も腸の状態を改善させるのに効果的です。

 

朝ご飯にヨーグルトとリンゴやオレンジを食べると一石二鳥ですね。

 

 

 

また適度な油分も便秘予防になります。

 

ダイエットなどで油分をカットしている人はスムーズに便が出なくりますので、ある程度は油も摂取するようにしましょう。

 

日頃から気にせずに食べている、という人はわざわざ食べる必要はありません。

 

 

 

こういった正しい食生活を送れば、便秘は解消されます。

 

また継続することで便秘予防にもなります。

 

ただ、忙しい現代人にとっては規則正しい食事って意外と難しいんですよね。

 

 

 

そう言う人は食物繊維(ファイバー)や乳酸菌が含まれているサプリやドリンクなどを利用してもいいでしょう。

 

薬ではありませんので、副作用などもありません。

 

これらの成分は便秘だけではなく健康にも、美容にも効きますから、一石二鳥ともいえます。

 

便利なサプリもうまく活用しながら、便秘解消に向けて食生活を整えてみましょう。